個別相談会のお知らせ

初期凍結胚を移送して着床前診断を行う場合の問題点とは?

初期凍結胚を移送して着床前診断を行う場合の起こりうる問題点を教えて下さい。

ご質問

質問

代理母に移植後に残った移植できる胚があっても再度凍結保存できませんので、複数の代理母契約も検討して下さい。とありますがこれはどういうケースでしょうか?

回答

回答

 一人の代理母に移植できる胚は2個までですので、凍結初期胚を溶解後に着床前診断して正常胚が2個以上あった場合は、残りは破棄するもう一人の代理母と契約して移植するかどちらかになります。

代理母契約は事前に代理母の検査や契約をしておく必要がありますので、移植予定日の1ヶ月前には決めておく必要があります。

関連する投稿記事へのリンク