2019年11月上旬に東京と大阪で開催の個別相談会の予約受付開始!

妊娠期の運動は胎児の骨を強くする

妊娠期における運動の重要性

7月4日、ノルウェー科学技術大学(NTNU)は、「BMC Pregnancy and Childbirth」にて、妊娠期の母親が運動することにより、ビタミンD量が増加し、胎児の骨密度を強化すると発表した。

妊娠期の運動とビタミンD量には相関関係が認められ、運動量に伴い、ビタミンD生産量は増える。妊娠期の母親が運動を通してビタミンD量を増やすことは、腸でのカルシウム吸収を高め、胎児の骨形成を促すという。

続きは下記のサイトでお読み下さい。

Print Friendly, PDF & Email

この記事を書いた人

JWC横須賀
JWC横須賀
バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超

お気軽にコメントを残して下さい。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください