2019年11月上旬に東京と大阪で開催の個別相談会の予約受付開始!

妊娠期の運動は胎児の骨を強くする

妊娠期における運動の重要性

7月4日、ノルウェー科学技術大学(NTNU)は、「BMC Pregnancy and Childbirth」にて、妊娠期の母親が運動することにより、ビタミンD量が増加し、胎児の骨密度を強化すると発表した。

妊娠期の運動とビタミンD量には相関関係が認められ、運動量に伴い、ビタミンD生産量は増える。妊娠期の母親が運動を通してビタミンD量を増やすことは、腸でのカルシウム吸収を高め、胎児の骨形成を促すという。

続きは下記のサイトでお読み下さい。

Print Friendly, PDF & Email