次回の個別相談会は2019年4月に東京と大阪開催を予定しています。

女性器内部にはのろまな精子をブロックする仕組みがあるようです

Point
■女性器には狭窄部があり、そこでスピードの遅い精子を振り落とす仕組みが発見される
■狭窄部を模したマイクロ流体装置を使った実験では、精子が蝶型のパターンで押し流される様子が観察される
■この仕組によって、スピードの速い、強い精子が受精する可能性を高めている

 

「前回の射精から3時間以内が妊娠に効果的」という新しい研究結果

Print Friendly, PDF & Email