次回の個別相談会は2019年4月に東京と大阪開催を予定しています。

不育症に男性パートナーの精子の質が関与している可能性が高いようです。

女性が原因とされてきた「不育症」ですが、男性側の問題が原因となっている場合もあるようです。
パートナー男性の検査(精子DNA断片化)を行える医療機関での治療がポイントですね。

◎精子の質の低下を防ぐには酸化ストレス対策が重要

・禁煙:たばこが精子DNA断片化させ、精子の質を低下させます
・高温を避ける:精巣は高温環境に弱いため、下着はブリーフを避け、トランクスが推奨されます
・抗酸化サプリ:コエンザイムQ10やビタミンC、ビタミンEが推奨されます。
・精索静脈瘤:精索静脈瘤は酸化ストレスと共に陰嚢内の温度まで上昇させます。
・禁欲期間:毎日、少なくとも1週間に3回は射精すると精子DNA断片化率が低下します。

Print Friendly, PDF & Email