2019年11月上旬に東京と大阪で開催の個別相談会の予約受付開始!

2018年10月の気になる不妊関連ニュース

今日紹介するニュースは「民法の見直し」という今の時代に合わせて民法が変わる方向とのニュースがありましたが、精子提供者と卵子提供者が違う扱いをする根拠が男性目線の性差別と同じ感じがするのは私だけでしょうか?

ニフティニュース
不妊治療で生まれた子の親は誰か 民法見直しで注目「最終的に家族とは何かって話...
政府は、不妊治療で生まれた子どもの親子関係を定めるため、民法の見直しを検討している。第三者の精子・卵子を用いて出産した場合、出産した女性を「母」、第三者の精子提供に同意した男性を「父」とする方向だ。1…
続きを読む...
Print Friendly, PDF & Email