2018年10月に行う東京出張個別相談会の事前予約受付中

妊娠には必殺技的な「魔法の杖」は存在しないという事実

ポイント
性交しなければ、妊娠できないという事実は変わらないのだから、性交回数を増やす事を真剣に考えて実行して下さい。

性交回数は、女性の年齢の次に、自然妊娠や人工授精、体外受精、顕微授精の妊娠率に影響を及ぼすことがわかっているからです。

妊娠率を高めることになるのは「性交回数」くらいですが、妊娠率を低下させるものはいくつもあります。

セックスレス、タバコ、運動不足、肥満ややせ、ビタミンやミネラル不足、糖質や悪い油の過剰摂取、質の低い睡眠、体内時計(生活リズム)の乱れなど、言われてみれば、誰でも知っている、当たり前な生活習慣です。

そして、このことは、女性だけでなく、男性にとってもです。

日本人はセックス(性交)を秘め事として個人的な問題と考えて、カウンセリングも受けていないカップルがほとんどのようです。
セックスレスになり、どんどん妊娠から遠ざる事になります。

子供いない人生は不幸だとは言い切れませんが、年齢が高くなってくると自分の身体や心のコントロールが難しくなって来て、誰かに頼らなければならない状況になってくると、「子供のいない人生で良かった」と言い切れなくなってくるのではないでしょうか。

Print Friendly, PDF & Email
関連する投稿記事へのリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください