2018年10月に行う東京出張個別相談会の事前予約受付中

妊娠中のビタミンD摂取で胎児の胎内発育遅延リスク低下

ビタミンD不足は世界的に深刻な問題となってきている。
中には便乗論文もあるだろうしすべて肯定するつもりはないが、日光(紫外線)に当たって自らビタミンDを合成することも大事である。

1に日光浴、2に食事、そして3にサプリメント補充ですね。
実際にビタミンD補充が必要はどうか、どのくらい補充するのかは採血にてビタミンD濃度を測定してから決めましょう。

今日からできる!体内のビタミンDの増やし方
参考 今日からできる!体内のビタミンDの増やし方
図の引用元:http://www.akanbou.com/topics/topics/69.html

ビタミンDは重要です!

9)Luk J et al. Relevance of vitamin D in reproduction. Hum Reprod. 2012 Oct;27(10):3015-27.

Print Friendly, PDF & Email
関連する投稿記事へのリンク