2018年10月に行う東京出張個別相談会の事前予約受付中

iPS培養で初の卵子大量生成 九大や京大、マウス8匹誕生

iPS細胞

iPS細胞

iPS培養で初の卵子大量生成 九大や京大、マウス8匹誕生

 
iPS細胞から培養だけで作製された卵子を使い誕生したマウスを見せる林克彦教授=14日、福岡市東区の九大病院キャンパス
マウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から体外の培養だけで卵子を大量に作ることに世界で初めて成功したと、九州大や京都大などのチームが17日付の英科学誌ネイチャーに発表した。この卵子と通常の精子を体外受…
 

記事全文<共同通信のサイトに移動します>

Print Friendly, PDF & Email